Now Loading...

浜田港運株式会社

お話しをお聞きした人/事業総務部管理課 課長 大村征二氏

Q.会社の概要を教えてください

 島根県唯一の国際貿易港・浜田港で、船内・沿岸荷役や入港手続きの代理店業務、輸出入の通関業務のほか、お客さまの荷物管理もしています。浜田港には北米産原木丸太のほか、石炭、バイオマス燃料のPKS(パーム椰子殻)が輸入品として入ってきています。また週1便、コンテナ船が入ってきており、輸入コンテナの中身はポリエチレン原料、レアアースなど多種多様ですね。輸出コンテナは石見エリアからの桧丸太が多いです。港は社会や時代の変化も感じられて面白い場所ですよ。

Q.どんな特色がありますか

 社内には作業課、検疫課、海運課、通関営業課、管理課と総務課があり、バラエティー豊かです。それぞれ専門性が高いので、新入社員は3ヶ月の試用期間を終えると、個性を見ながら配置を決め、その後はあまり配置換えをせず専門的に育てます。船内作業主任者など一般企業ではなじみのない免許もあり、社で費用を負担して取得してもらいます。海運課の代理店業務では、英語や韓国語を話す社員がいますよ。荷主さんの要望に応えられるように、スキルアップしながら1人ひとりがこだわりと誇りを持って携わっています。

Q.それぞれ専門性が高い部署の集まりですね

 そうですね、どうしても特殊なところがありますので、各部署の中で上司、先輩が気さくに話をしてコミュニケーションをとっていると思います。そのほか全社で夏は納涼慰労会、11月18日の創立記念日に祝賀会を毎年開催しています。そのときは社員みんな集まって、会長や社長も含めて席もクジで決めます。頼まれてこっそりその席を変更することもたまにありますが(笑)

Q.どんな人材を求めていますか

 現場では外で荷物を運ぶといった作業をすることになりますから、どうしても体力が必要です。明るくて元気でやる気のある人がうれしいです。正直、なかなか厳しい環境ではありますが、最近の若い子はとてもよく働いてくれていて素晴らしいと感動しています。他の会社と比べてこれは珍しいかもしれませんが、体力や健康をはかるために毎年1回、スポーツテストも導入しています。

Q.浜田港も整備が進んでいますね

 はい、工事中の臨港道路が来春には完成してバイパスにすぐつながるようになります。コンテナでもガントリークレーンを整備し荷役作業の能率がアップする予定ですし、浜田港は発展していっています。将来的には浜田沖でのガスの発掘作業やパーム油の輸入、三隅発電所2号機建設の資材搬入も見込まれます。お客さまのニーズに応えられるように、社としても対応していきたいと思います。

新入社員インタビュー

新入社員/港晃大さん(浜田市出身。19才)

Q.入社のきっかけは何でしたか

 もともと浜田市の生まれで、機械が好きだったので県立浜田水産高校の機関科に入って学んでいました。就職先を探そうと(企業の紹介)冊子を見ていたときに浜田港運が目に留まり、2年生の夏休みに1日研修に来たのが最初です。木材を積んで入港してきた海外からの船の迫力がすごくて。いいなと思って入社を希望しました。入社試験の面接で志望理由を「重機を運転したい、荷役業務も興味津々です」と説明しましたが緊張してうまく話せなかったので、合格の知らせをもらったときはほっとしました。

Q.入社後の仕事内容を教えてください

 入社した4月1日は会社内での研修でしたが、次の日から早速現場に出て、先輩の手伝いとか補助的な荷役業務をしています。結構、好奇心が旺盛なので、まだ重機には乗れていませんが、いろんな船が入ってくるので、それを見るのも楽しいし、荷役の準備で実際にいろんな船に上がれるのは楽しいです。

Q.先輩や上司はどんな雰囲気ですか

 仕事中、話しかけたら危険なときもあるので注意しながらですが、みんな普通に話しかけやすいです。夜ご飯を一緒に食べに行って過去の経験を教えてもらうこともありますし、お昼はお弁当や買ってきた物を先輩と一緒に食べます。大好きなアニメのガンダムについて話すこともありますよ(笑)あと、同じ高校出身の同期がいて、小さな悩みでも分かち合えるのでいいです。

Q.就職すると生活が変わりますよね

 そうですね、だいぶ変わりました。高校の時はずっと勉強ばっかりで遊びに行くこともなかったですが、休日は友だちが遊びに行こうと誘ってくれるので出掛けます。ショッピングセンターとかゲームセンターで羽目をはずして遊んでいます。基本的には土日は休みです。猫を4匹飼っているので猫と遊んで過ごすことも多いです。働いた分、給料がもらえるのがうれしいですね。最初の給料は、親に渡しました。

Q.今後も浜田で働き続けたいですか

 浜田は自然が豊かです。イノシシとか熊とか動物もたくさんいて、たまに出会うので驚きます(笑)海もキレイでいいですね。仕事の方は自分もまだまだですが、先輩を頼りながらも、あまり甘えすぎずに、しっかりがんばりたいと思います。今後は資格をとって重機に乗りたいですし、浜田でというかこの会社で働き続けたいです。名字の「港」の字が、会社の「港運」に付いていることもあって、社外の人からも「運命的だね」と言われることもあるんですよ。

会社概要

企業名 浜田港運株式会社
住所 島根県浜田市長浜町1785番地7
連絡先 0855-27-0072
URL http://www.hamadakoun.co.jp/
創業年 昭和16年
資本金 3,000万円
従業員数 44名
事業内容 船舶代理店業務外航船及び内航船への貨物の積卸業務植物防除業務、納税申告等業務(通関業務)貨物の入出庫並びに保管業務

  • 業務説明並びに業務見学
  • (株)エブリプラン
  • (担当:肥後、佐伯)
  • 島根県松江市北陵町46-6
  • TEL:0852-55-2100
  • FAX:0852-55-2101